2018.02.21

本日は、くもり、北北西の風。
 
マグロ根潜水。
 
マグロ根。
水温14.4度。透明度20m。
うねり、流れとなく穏やかなマグロ根。
 
エントリーしてすぐに見ないクラゲが浮遊してました。
イメージ 3
きれいな色合いでしたよ~。
 
 
ブイ近くでは、
イメージ 2
 
ダンゴウオ成魚まだみれてます。
その近くではもう1個体成魚いたのに移動しちゃったかな。。。
また捜索してみます。
 
移動して深場に行くと
イメージ 1
 
クダゴンベ。
 
潮あたりの場所では、イサキ、スズメダイ、タカベなどと群れがみれてます。
小さなキミドリリュウグウはまだ定位置でみれてます。
 
明日の予報は、くもり、北北西の風。

2018.02.19

本日は、晴れ、北北西の風。
 
新浜潜水。
 
新浜。
水温13.6度。透明度20m。
うねり、流れとなく穏やかな海。
定位置では、タツノイトコ。
その近くでは、チャガラ幼魚たちがきれいに群れてます。
 
成魚たちは幼魚よりか少し深度をとって固まってます。。。
イメージ 3
 
 
この時期の成魚は、ヒレがすごいきれい。
ヒレが開いた瞬間など写真で狙うのもまたいいですよ。
 
ペアになったのは行川では小さな棚に卵を産み付けます
先日見つけた場所では、
イメージ 4
 
奥行きがある棚に。
上のぶらさがっているのが卵です。
まだもうちょい観察できそうです。
 
 
 
ダンゴウオは、昨日の輪っかの不在から捜索していると。。。
イメージ 1
 
また違う場所に輪っかタイプが。
 
その近くのエツキに
イメージ 2
 
真っ赤な幼魚。
 
奥にもう1匹。。。
まだまだ移動している個体もいるので見たい方はいなくなる前にお早めに。
 
 
明日の予報は、晴れ、北北西の風。

2018.02.17

本日は、晴れ、北西の風。
 
新浜潜水。
 
新浜。
水温14.8度。透明度15~20m。
うねり、流れとなく穏やかな海となってます。
ブイ下でもうねりもなくてタツノイトコは海藻に尾っぽをひっかけて擬態してます。
その近くでは、ヒメイカも見れており。
これからヒメイカの季節も近づいてきました。
 
先日、見つかった幼魚の方に行くと移動していて不在。。。
探していると
イメージ 2
 
ダンゴウオ幼魚。
先日見た個体よりも小さいサイズだったのでまた新しい個体です。
 
そこから移動すると、
イメージ 1
 
ショップさんが天使の輪っかタイプ発見!!
 
ガイドも初めてみた天使輪っか。
 
日が経っちゃうとこの模様はなくなるのでとってもレアです!!
 
思わずゲストさんにカメラ借りて撮ってしまいました。。。
 
輪っかタイプの周辺も探していくと他の個体も出ててくると。。。
探す範囲がまた広がりどんどん見つけていきたいですね。
 
 
 
ダンゴウオ探していると。
ヒラムシも種類豊富で。
ウミウシ類は、キイロウミコチョウが目立ち。
ボウシュウボラガイが卵産みつけている姿も確認できており。
不在だった黒のベニカエルアンコウも発見。
またまた肥えての登場です。
 
ダンゴウオ探ししているとそれ以外の生物も発見できます。
 
明日の予報は、晴れ、北西の風。

2018.02.16

本日は、晴れ、北の風。
 
マグロ根潜水。
 
マグロ根。
水温13.6度。透明度15m~20m。
昨日よりだいぶうねりが弱まりのんびりした海況となりました。
流れなし。
 
今日は、マクロの方とマグロ根がマクロ根となりました。。。
久々にワイドでなく泳がず張り付いてきました。
 
昨日の新浜でのダンゴウオの幼魚から幼魚シーズン到来。
 
ですが。。。沖では、
イメージ 1
 
親ダンゴウオが2匹見れてます。
 
どちらも近い距離なので今後の経過が楽しみです。
 
幼魚よりも成魚はかなり大きいサイズ。
幼魚は見たことあるけど成魚はないって方はいなくなる前にお早めに。
 
 
それと、沖でウミウシは色鮮やかな種類がこちらもウミウシシーズンが訪れてます。
 
 
イメージ 2
 
コミドリリュウグウウミウシ。
リュウグウ系は珍しいです!!
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
他のミノ系はもちろん。ミドリガイ系も多いです。
マクロのリクエストあれば深場でしか見れない種類見に行きましょう。
 
本日の写真は、ゲストさんからいただきました。
いつもありがとうございます。
 
明日の予報は、晴れ、北北西の風。

2018.02.15

本日は、くもり、西風。
 
春の陽気となった気温となりとっても陸も過ごしやすいです。
 
マグロ根、新浜潜水。
 
マグロ根。
水温13.6度。透明度12~15m。
うねり入ってました。
根のトップなどうねりが入り。
そこから深場に行くと段々と弱まってきます。
 
深場に行きまだまだ居ついていくれてます。
クダゴンベ。
去年、3月~4月頃に発見してから今年も越冬できるかな。。。
同じヤギには、ツノガニ、オルトマンワラエビが擬態しているのも確認。
 
イメージ 2
 
そこから潮あたりの場所では、この時期になるとメジナの数がどんどん増えてきます。
キンギョハナダイは、中層には出なく棚に隠れているのが目立ち。
イサキ、タカベも浅場よりも深場の方に群れてます。
中層、深場では、メジナ、ニザダイが目立ってました。
 
棚では、イシガキフグ、ハリセンボンなどのフグ類が見れており。
ネコザメ、クロアナゴは不在でした。
フエヤッコダイが水温が下がり動きが悪くなっている姿も。
 
ブイ近くでは、ツツボヤが固まっていてとってもきれいです。
根沿いでは、チシオコケギンポ、コケギンポなどが探すと多いですよ~。
 
マダコの大きなサイズのがペアで隠れていたり。
今の時期、すごい多いからこれから卵など産んでくれるといいですね。
 
 
新浜。
水温13.8度。透明度12m。
うねり少々。流れなし。
ブイ下では、チャガラ幼魚が群れてます。
今、卵守っている個体もいるので数もまだまだどんどん増えてきそうです。
 
ゴロタの方に行くとチャガラ成魚が集まってホバリングしていて。
イソギンチャク畑では、クマノミがいてくれてます。
越冬してくれるといいけど。。。
 
そこから奥に行くと。
イメージ 1
 
ダンゴウオ幼魚。
出ましたよ~!!
1匹いれば周辺近くもいると思うのでまた探してきま~す。
他の個体が離れる前に見つけていきたいと思います。
見たい方は、まだまだ不安定なのでお早めに。
 
こちらも
イメージ 3
 
チャガラが卵守ってます。
まだまだ卵は体になっていないので観察していきたいと思います。
 
写真は、今日一緒に潜った大瀬館マリンサービスの堀口くんからいただきました。
他にも黄金崎ダイブセンターの前田さんも潜りに来てくれて。
伊豆からこちらまできてくれてありがとうございます!
 
大瀬館マリンサービス 堀口くん
 
黄金崎ダイブセンター 前田さん
 
明日の予報は、晴れ、北風。

2018.02.13

本日は、晴れ、西風。
 
新浜。
水温13.8度。透明度12m。
浅場では、うねり少々。
流れはなし。
イメージ 5
 
視界もどんどん回復してきてます。
 
ブイ下では、
イメージ 2
 
タツノイトコまだまだ見れてます。
 
イメージ 1
 
昨日は、ペアでいたチャガラが単体になり。
卵を守っている姿を発見。
 
これからの成長が楽しみです。
 
砂地では、
イメージ 3
 
トビギンポ。
頭だけ出しているところを。
 
奥に行くとミドリガイ系が多く見れてます。
 
イソギンチャク畑近くでは、
イメージ 4
 
タカノハダイ幼魚。
 
写真は、ゲストさんからいただきました。
いつもありがとうございます。
 
明日の予報は、引き続き晴れ、西風。

2018.02.12

本日は、晴れ、西の風。
 
新浜。
水温14.2度。透明度8~10m。
昨日のクローズからは、大分うねりは弱まりました。
 
ブイ下では、
イメージ 2
 
タツノイトコが擬態している姿が。
 
チャガラの幼魚が所々で群れてます。
ゴロタでは、擬態しているヒラメや。
イメージ 3
 
ニジギンポ。
 
ヘビギンポ、ヒメギンポ、コケギンポなどギンポ類が多く見れてます。
 
奥に行くとキリンミノカサゴ幼魚。
 
マクロで
イメージ 1
 
ホヤが撮るときれいですよ~。
向きで写真撮るとまた雰囲気変わるので
自分の好きな位置を見つけるのも楽しいですよ。
 
根沿いでは、ウミウシ類が隠れている姿も。
ルンキナウミウシが増えており。
 
チャガラのペアが隠れている棚があり。
これから産卵となりそうです。
 
海藻類では、ヒメイカが出てきてます。
今日の写真は、ゲストさんからいただきました。
いつもありがとうございます。
 
明日の予報は、引き続き晴れ、西の風。

 

2018.02.10

本日は、晴れ、西の風。

マグロ根、新浜潜水。

マグロ根。

水温15.6度。透明度20mオーバー。

流れ少々。うねりあり。

潮あたりの場所では、

 

イサキ、

 

タカベの群れが目立っております。

その近くでは、マダイ、ヒラマサと泳いでいる姿を確認。

 

キンギョハナダイ群れは、根近くで群れており。

メジナ、スズメダイなどは固まっている姿も。

本日は、いつもよりも群れの数が多いマグロ根となりました。

最近、マダイにマダコが狙われて擬態して逃げたりしている姿が目立ちます。

 

マダコ。

良いサイズです。

新浜。

水温14.6度。透明度20m。

うねり、流れとなくのんびり。

船上からとっても視界がひらけてます。

中層、水面近くでは、チャガラの幼魚が群れてます。

棚では、チャガラの成魚が隠れているのが目立ち。

ボウシュウボラが

 
 

卵を産み付けている姿も。

産みつけてすぐなのでとてもきれいな色合いとなってます。

水底では、砂地近くで

 

ヤマドリ。

 

アカエソ幼魚。

など。

ウミウシ以外も探すと見つかりま~す。

ウミウシ類では、ヒラミルミドリガイ、ムカデミノウミウシ、ヨゾラミドリガイ、ヒロウミウシ、ハナオトメなど。

ミドリガイ系が一番見れてます。

写真は、ゲストさんからいただきました。

いつもありがとうございます。

明日の予報は、晴れ、北西の風。

2018.01.29

本日は、晴れ、北北西の風。

 
新浜、黒岩潜水。
 
新浜。
水温14.8度。透明度10m。
浅場では、うねり入ってます。
ゴロタ周辺で深度とると落ち着きます。
奥では、ウミシダヤドリエビ、コマチイバラモエビを確認。
その周辺では、コケギンポ、イソギンチャクモエビ、ウミウシ類を確認。
イメージ 3

ヒメギンポの婚姻色

 
イメージ 2

コケギンポ。

 
スズメダイ、ソラスズメダイなどの群れは中層、水底と泳いでます。
 
クマノミもまだまだいてくれてますよ~。
 
 
黒岩。
水温15.2度。透明度15m。
水底でもうねりはいってました。
浜よりか沖の方が今日は視界が抜けており。
オーバーハングの地形がはっきりみえます。
 
その近くでは、
イメージ 1

ドチザメ。

休憩している姿が。
あまり警戒心もなく逃げずに後半も同じ場所にいました。
その近くの棚では、レンテンヤッコ。
きれいな色あいです。
 
 
イメージ 4
イソギンポ。
小さなサイズのが穴に隠れてました。
イサキ、スズメダイなどはうねりをかわす場所で隠れて群れてました。
 
メジナ、イスズミ、アイゴなどはカジメ林で隠れている姿が。
 
ネコザメは棚で休んでましたよ~。
 
明日の予報は、晴れ、北北西の風。
 

2018.01.28

本日は、晴れ、北北西の風。
 
マグロ根。
水温15度。透明度15m。
流れはなく穏やかなマグロ根。メジナ群れが多く見れており。
イメージ 5
 
泳いでいくとスズメダイ、イサキなどが群れているのも確認。
 
イメージ 6
 
視界きれいです。
 
 
根のトップでは、ドチザメが泳いでいく姿も。
イメージ 4
 
棚では、西の方よりネコザメが多く見れました。
集中してみれたので気になりまね。
イシガキフグなどの大きなサイズのも隠れており。
 
キンギョハナダイ群れは潮あたりの場所で目立ちました。
 
 
 
 
新浜。
水温15度。透明度15m。
うねり、流れとなく穏やかな海。
ブイ下に行くとマダコが穴に隠れている姿を確認。
そこから移動するとスズメダイ群れが中層よりで群れていて。
 
ゴロタでは、ニジギンポ、コケギンポなどが隠れてます。
奥にもコケギンポ類は多いですよ~。
 
ウミウシは、ヨゾラミドリガイ、ハナミドリガイ、スイートジェリーなどのミドリガイ系が多くみれて。
サラサ、コモン、ヒロなども確認。
 
イメージ 3
 
ヤマドリ。
イメージ 2
 
タツノオトシゴ
 
イメージ 1
 
コマチイバラモエビ
 
などと探すと色々と出てきてます。
 
今日の写真は、ゲストさんからいただきました。
いつもありがとうございます。
 
明日の予報も引き続き晴れ、北北西の風。