2017.12.09

本日は、晴れ、北北西の風。
 
新浜、マグロ根潜水。
 
新浜。
水温17.4度。透明度12m。
うねり、流れとなく穏やかな海。
水面近くでは、メジナ、アイゴと群れている姿。
水底近くでは、チャガラ群れ、ソラスズメダイ群れ。
 
ゴロタでは、ホウセキキントキ、キリンミノカサゴ幼魚、ヒラメなどが隠れていたり。
 
イメージ 4
 
ニジギンポ、コケギンポ類は、定位置でみれてます。
 
イメージ 3
 
イソギンチャク畑では、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ幼魚、アオヤガラ群れ、こちらでもキリンミノカサゴ幼魚。
ツマジロオコゼ幼魚がこちらにいました。
 
イソギンチャクでは、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビなどなど。
 
 
マグロ根。
水温19.2度。透明度15~20m。
流れはやや。潮は、真潮。
潮あたりの場所では、イサキ、スズメダイ、タカベと群れが多く見れてます。
棚では、レンテンヤッコ、ヤセエビス、アカハタ、キンチャクダイ、イタチウオ。
タテジマキンチャクダイ幼魚。
 
大きなクエも隠れている場所も。
 
中層では、ブリが泳いでいるのも確認。
久々の大きなサイズ。
 
その近くでは、マダイが泳いでいる姿もみれて。
 
キンギョハナダイ群れは、固まってますよ~。
 
イメージ 1
 
透明度は、抜けてますよ~。
 
イメージ 2
 
ヒラマサも泳いでましたよ~。
 
明日の予報は、晴れ、西南西の風。
 
お知らせ。
イメージ 3
 
 
 
千葉ダイビングサービス協力会主催。
海のフォトコンテストを開催します。
9つの現地サービスの海で撮影した写真をご応募しております。
 
特別審査員は、なんと。。。
さかなクン。
水中カメラマンの中村征夫さん。
 
詳しくは、現地サービスさんに聞いて下さい。
 
なめがわダイビングサービスも加入してます。
 
皆さんから見た千葉の海。
ご応募お待ちしております。

2017.12.08

本日は、くもり、西北西の風。
 
マグロ根、黒岩潜水。
 
マグロ根。
水温18度。透明度10~12m。
流れは水面入ってます。
水底に行くにつれて弱まってきます。
イサキ、スズメダイ、タカベと群れは多く見れており。
棚では、
イメージ 1
 

ヘラヤガラ。

千葉では珍しい個体です。
最近、ずっと見れてま~す。
その棚では、アカハタ、マツカサウオ、イシダイ、イシガキダイなど隠れてました。
 
イメージ 2
 

キンギョハナダイ。

潮が当たってなおかつ固まりやすく撮りやすい場所があるのでこちらで。
場所で固まったりばらけたりするのがまた観察してて面白いです。
きれいに横になってくれてます。
 
他には、サザナミヤッコ幼魚などは棚に隠れてました。
 
 
黒岩。
水温18.4度。透明度10~12m。
水面うねり入ってます。流れは、そこまで入っておらず。
 
棚では、
 
イメージ 3
 
レンテンヤッコ。
細い棚に隠れてます。
きれいな色してて人気がある個体。
定位置でみれてます。
 
こちら撮りやすいですよ~。
イメージ 4
 
イシガキフグ。
 
他では、オトヒメエビ、イタチウオ、キイロイボ、コイボ、アカハタなど隠れており。
ガーベラミノウミウシはどんどん大きくなってきてます。
 
今日の写真は、ゲストさんからいただきました。
いつもありがとうございます。
 
 
明日の予報は、晴れ、北西の風。
 
お知らせ。
イメージ 3
 
 
 
千葉ダイビングサービス協力会主催。
海のフォトコンテストを開催します。
9つの現地サービスの海で撮影した写真をご応募しております。
 
特別審査員は、なんと。。。
さかなクン。
水中カメラマンの中村征夫さん。
 
詳しくは、現地サービスさんに聞いて下さい。
 
なめがわダイビングサービスも加入してます。
 
皆さんから見た千葉の海。
ご応募お待ちしております。

2017.12.06

本日は、晴れ、北の風。
 
マグロ根、黒岩潜水。
 
マグロ根。
水温16.8度。透明度10m。
流れはやや。
水面は、うねりが入り水底に近づくにつれて落ち着きます。
 
潮あたりの場所では、イサキ、スズメダイ、タカベと群れてます。
今日の群れは、ばらけてなく固まっているのが目立ちました。
水底付近では、ヒラメが擬態しており。
棚では、勝浦では珍しいヘラヤガラ。
サザナミヤッコの幼魚も見れてます。
 
その近くでは、イシガキダイ、イシダイ、カゴカキダイ、チョウチョウウオなど。
キンギョハナダイ群れも固まっていたので良いサイズのが多かったです。
 
マダイ、ドチザメなどは泳いでいる姿も。
 
 
黒岩。
水温18.6度。透明度10m。
流れなし。うねりやや。
棚では、これからの季節のネコザメを発見。
これからどんどん黒岩は増えてきますね。。。
甲殻類は、いつもながら多く見れてます。
 
棚では、レンテンヤッコが単体で隠れている姿や。
チョウチョウウオ、トゲチョウチョウウオ、ハリセンボン、ハコフグ、イタチウオ。
水底では、アカハタなどのハタ類が目立ち。
コブダイの小さいサイズなどが泳いでいる姿も。
 
オーバーハングでは、今回イサキ玉いなく。
ネンブツダイ、キンギョハナダイが群れてました。
 
イサキ、スズメダイ、メジナなどの群れは根のトップ付近で群れているのが目立ち。
水底よりでは、コウイカが擬態している姿も。
 
黒岩のイソバナなどもきれいなのでこの季節透明度も上がってくるので。
青抜きした写真撮る方が増えてきました。
 
昨日の荒れた海からどうかと思いましたが。
回復は早そうですね。。。
 
イメージ 1
 
 
明日の予報は、晴れ、北西の風。
 
お知らせ。
イメージ 3
 
 
 
千葉ダイビングサービス協力会主催。
海のフォトコンテストを開催します。
9つの現地サービスの海で撮影した写真をご応募しております。
 
特別審査員は、なんと。。。
さかなクン。
水中カメラマンの中村征夫さん。
 
詳しくは、現地サービスさんに聞いて下さい。
 
なめがわダイビングサービスも加入してます。
 
皆さんから見た千葉の海。
ご応募お待ちしております。

2017.12.3

本日は、晴れ、北北西の風。
 
新浜、マグロ根潜水。
 
新浜。
水温19.6度。透明度10~12m。
うねり、流れとなく穏やかな海。
のんびりした新浜となりました。
 
今日は、奥に移動してゆっくり戻るコースどり。
 
こちらもゆっくり移動していた
 
 
イメージ 3
 
 
 
タツノオトシゴ。
先日、見つかってまだ近くにいます。
大きなサイズで撮りやすいです。
 
その近くでは、小さなヤマドリも確認。
砂地では、コウイカが擬態していたり。
 
根のトップでは、クロヘリアメフラシが隠れていたりと。
 
 
マグロ根
水温20.4度。透明度12~15m。
前半、流れやや。後半になると流れがなく止まった状態になりました。
潮あたりの場所では、イサキ、スズメダイ、タカベなどが群れているのを確認。
 
最近、ウミガメ率が高いです。今日も発見。
小柄でかわいいサイズ。
 
イメージ 1
 
視界も良いので地形がはっきり見えます。
 
イメージ 2
 
この季節は、地形も楽しめすまよ~。
 
棚では、タテジマキンチャクダイ幼魚。
ネンブツダイ群れなど。
イボ系のウミウシも多いですね。
 
明日の予報は、晴れ、北北西の風。
 
お知らせ。
イメージ 3
 
 
 
千葉ダイビングサービス協力会主催。
海のフォトコンテストを開催します。
9つの現地サービスの海で撮影した写真をご応募しております。
 
特別審査員は、なんと。。。
さかなクン。
水中カメラマンの中村征夫さん。
 
詳しくは、現地サービスさんに聞いて下さい。
 
なめがわダイビングサービスも加入してます。
 
皆さんから見た千葉の海。
ご応募お待ちしております。

2017.12.02

本日は、晴れ、北北西の風。
 
新浜、マグロ根潜水。
 
新浜。
水温18.2度。透明度10m。
うねり、流れとなく穏やかな海。
アイゴ、スズメダイなどの魚の群れが増えてきてます。
その近くでは、ホンソメワケベラがクリーニングしており。
ハタタテダイ幼魚も岩場で隠れていて。
 
コウイカなどは、砂地で擬態しているのも確認。
ソラスズメダイは、ゴロタで群れて。
単体では、イトヒキベラの雄がきれいな色出てま~す。
 
奥に行くと赤色のコケギンポ。
真っ赤な色で派手な個体です。
 
 
マグロ根。
水温18.8度。透明度10~12m。
 
イサキ、スズメダイ、タカベなど、キンギョハナダイなどは、群れております。
棚では、大きなクエ見れ、水底近くでは、ウシエイ、ドチザメと泳いでいる姿を確認。
深場に行くとサイズの良いのが見れるからまたそれも楽しみですね、。
 
サクラダイなども数見れてますよ~。
 
マクロものでは、イボ系のウミウシ、オルトマンワラエビ、カゲロウカクレエビ、クリアクリーナシュリンプなど。
甲殻類も探すとどんどん出てくれます
 
中層では、マダイなど確認できてま~すs。
イメージ 1
 
明日の予報は、晴れ、北北西の風。
 
お知らせ。
イメージ 3
 
 
 
千葉ダイビングサービス協力会主催。
海のフォトコンテストを開催します。
9つの現地サービスの海で撮影した写真をご応募しております。
 
特別審査員は、なんと。。。
さかなクン。
水中カメラマンの中村征夫さん。
 
詳しくは、現地サービスさんに聞いて下さい。
 
なめがわダイビングサービスも加入してます。
 
皆さんから見た千葉の海。
ご応募お待ちしております。

2017.11.29

本日は、晴れ、北西の風。
 
新浜、マグロ根潜水。
 
新浜。
水温20.2度。透明度8~10m。
うねり、流れとなく穏やかな海。
日射しも入り。浅場は、10m以上は見れました。
ゴロタ周辺では、アイゴが沢山群れてま~す。
その近くでは、ハタタテダイ、ホンソメワケベラなどクリーニングしている姿が目立ってました。
 
ニジギンポ、コケギンポ類も色々と見れてます。
 
イソギンチャク畑では、クマノミ、ミツボシクロスズメダイなど。
少しずつ浅場の方にミツボシが固まって来てます。
その近くでは、キリンミノカサゴ幼魚が隠れているのも。
 
コウイカなどは、岩の隙間に隠れているの確認。
チャガラは、中層に群れている姿も。
 
 
マグロ根。
水温18度。透明度10~12m。
流れよりかうねりが気になりました。
潮は、逆潮。
潮あたりでは、相変わらずの魚影です。
 
いつみてもイサキ、スズメダイ、タカベなどの群れは多く見れてます。
キンギョハナダイも群れが見れてま~す。
 
水底近くでは、大きなクエ。中層では、マダイ。
ブイ下では、ウミガメも登場です。
 
深場では、今日もクダゴンベいてくれました。
ホシエイの大きなサイズのが泳いでいる姿も見れてます。
 
イメージ 1
 
 
明日の予報は、雨、北の風。
 
お知らせ。
イメージ 3
 
 
 
千葉ダイビングサービス協力会主催。
海のフォトコンテストを開催します。
9つの現地サービスの海で撮影した写真をご応募しております。
 
特別審査員は、なんと。。。
さかなクン。
水中カメラマンの中村征夫さん。
 
詳しくは、現地サービスさんに聞いて下さい。
 
なめがわダイビングサービスも加入してます。
 
皆さんから見た千葉の海。
ご応募お待ちしております。

2017.11.28

本日は、晴れ、北北西の風。
 
 
新浜、マグロ根潜水。
 
マグロ根。
18.4度。透明度12m。
流れあり。後半から段々と流れが弱まってきました。
潮は、逆潮。逆潮で濁りが入ってるかと思いきや。
気にならない視界です。
真潮に切り替わったらまた視界がUPしそうですね。
 
潮あたりの場所では、イサキ、スズメダイ、タカベは群れ群れです。
オレンジ色のキンギョハナダイ群れもきれいに群れてますよ~。
 
イメージ 1
 
深場に行くとキンギョハナダイに混じってサクラダイが一緒に群れている姿も。
最近、クダゴンベが移動したりと場所が安定してないけど今日も確認できました。
 
ヤギには、アオサハギが小さなサイズのが成長して撮りやすいサイズになっているのが
目立ちました。
 
棚では、ネコザメ、クエ、レンテンヤッコ、ヤセエビス、マツカサウオなど。
 
中層では、マダイなどが見れました。
 
イメージ 2
 
安全停止もきれいでしたよ~。
 
明日の予報は、晴れ、北西の風。
 
お知らせ。
イメージ 3
 
 
 
千葉ダイビングサービス協力会主催。
海のフォトコンテストを開催します。
9つの現地サービスの海で撮影した写真をご応募しております。
 
特別審査員は、なんと。。。
さかなクン。
水中カメラマンの中村征夫さん。
 
詳しくは、現地サービスさんに聞いて下さい。
 
なめがわダイビングサービスも加入してます。
 
皆さんから見た千葉の海。
ご応募お待ちしております。

2017.11.27

本日は、晴れ、北の風。
 
新浜。
水温18度。透明度8~10m。
水面は、パシャついてます。
水底にいくと浅場から落ち着いてます。
 
ブイ下では、大きなヒラメが擬態している姿が。
 
そこから移動するとイソギンチャクモエビが水温が下がってから少し動きがにぶってきてます。
その近くでは、ツマジロオコゼ幼魚まだまだ確認できており。
近くの棚では、サザナミヤッコ幼魚の小さいサイズが確認できてます。
 
ゴンズイの群れも多く見れてますよ~。
 
ゴロタでは、ニジギンポ、コケギンポなどの小さいサイズも見れており。
奥に行くとアオヤガラの数が増えており。
 
その近くの根では、ベニカエルアンコウが擬態している姿も。
 
赤コケギンポは、まだまだ元気に過ごしてま~す。
 
その近くでは、タツノオトシゴも確認。
大きいサイズですよ~。
 
今日の写真は、
イメージ 1
 
コケギンポ。
 
明日の予報は、晴れ、北の風。
 
お知らせ。
 
 
千葉ダイビングサービス協力会主催。
海のフォトコンテストを開催します。
9つの現地サービスの海で撮影した写真をご応募しております。
 
特別審査員は、なんと。。。
さかなクン。
水中カメラマンの中村征夫さん。
 
詳しくは、現地サービスさんに聞いて下さい。
 
なめがわダイビングサービスも加入してます。
 
皆さんから見た千葉の海。
ご応募お待ちしております。

2017.11.26

本日は、晴れ、南西の風。
南寄りの風でしたので気温もあまり寒さを感じさせない一日となりました。
 
新浜潜水。
 
新浜。
水温18.4度。透明度8m。
うねり、流れとなく穏やかな海。
また今日もムツの群れを確認。
ここずっと見れてます。
 
その近くでは、小さいサイズのヒラメもみれたり
擬態上手なこの個体にも。
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
新しく1個体近くにいましたよ~。
 
それと
イメージ 1
 
先月ぐらいからいる個体。
水色のラインがすごいきれいです。
 
イメージ 4
 
ウミシダも好きだな~。
 
だいぶ新浜も海回復してました。
 
明日の予報は、くもり、北風。
 
お知らせ。
イメージ 3
 
 
千葉ダイビングサービス協力会主催。
海のフォトコンテストを開催します。
9つの現地サービスの海で撮影した写真をご応募しております。
 
特別審査員は、なんと。。。
さかなクン。
水中カメラマンの中村征夫さん。
 
詳しくは、現地サービスさんに聞いて下さい。
 
なめがわダイビングサービスも加入してます。
 
皆さんから見た千葉の海。
ご応募お待ちしております。

2017.11.25

本日は、晴れ、南西の風。
 
南寄りの風だったので北風の日よりも暖かい気候となりました。
 
マグロ根、新浜潜水。
 
マグロ根。
水温18.4度。透明度5~8m。
うねり入ってました。なので深場のコース。
根のトップではうねりが強く入ります。
そこから深場行くと落ち着いてきます。
 
中層よりでは、イサキ、タカベと群れ数が多いです。
潮あたりの場所では、キンギョハナダイ群れが。
 
水底近くでは、レンテンヤッコを確認。
今年は、レンテンヤッコの数がいつもよりも多いです。
2月から越冬しているクダゴンベもまだまだ見れております。
その近くでは、オルトマンワラエビ。
 
棚では、クエが結構良いサイズが見れてま~す。
 
 
新浜。
水温18度。透明度5~8m。
うねり、流れとなく穏やかな海。
良いサイズのヒラメが確認できてま~す。
 
ゴロタでは、ギンポ類が多く見れてます。
イソギンチャク畑では、クマノミ、キリンミノカサゴ、ミツボシクロスズメダイなどなど。
イソギンチャク甲殻類が多いです。
 
奥に行くとチャイロヤッコ幼魚、カエルアンコウ。
ウミウシ類は、春先によくみられるクロヘリアメフラシなどが見れてま~す。
 
いつも見れる生き物でも撮りがいあります。
イメージ 2
 
クツワハゼ。
周りの玉ボケもいいですね~。
 
 
奥で、
イメージ 1
 
タツノオトシゴの良いサイズの見れました。
 
魚以外でも。
イメージ 3
 

ウミシダ。

魚以外でも楽しめますよ~。
 
今日の写真は、ゲストさんからいただきました。
いつもありがとうございます。
 
明日の予報は、晴れ、南西の風。
 
お知らせ。
イメージ 3
 
 
千葉ダイビングサービス協力会主催。
海のフォトコンテストを開催します。
9つの現地サービスの海で撮影した写真をご応募しております。
 
特別審査員は、なんと。。。
さかなクン。
水中カメラマンの中村征夫さん。
 
詳しくは、現地サービスさんに聞いて下さい。
 
なめがわダイビングサービスも加入してます。
 
皆さんから見た千葉の海。
ご応募お待ちしております。