2017.12.24

本日は、晴れ、北の風。
 
新浜潜水。
 
新浜。
水温17.6度。透明度12m。
1本目は、気にならない程度でしたが。
2本目になると段々とうねりが入ってきました。
 
ソラスズメダイ群れは、岩場で隠れていて。
一緒にトラウツボも。
 
スズメダイは、中層で群れており。
イソギンチャク畑では、クマノミ、ミツボシクロスズメダイなどまだまだ見れてます。
その近くでは、
イメージ 3
 
 
ツマジロオコゼ幼魚はまだ見られてます。
その周辺では、
イメージ 2
 
ヤマドリ確認。
 
小さいサイズだけど
イメージ 4
 
ヒメホウキムシ。
 
棚では、
イメージ 1
 
イレズミハゼ。
 
うねり入っても新浜は深度とるとまったりですね。。。
 
今日の写真は、ゲストさんからいただきました。
いつもありがとうございます。
 
明日の予報は、晴れ、北西の風。

2017.12.20

本日は、晴れ、北北西の風。
 
強い風も無くなり沖も穏やかになりました。
日射しも強く風もないのでとっても暖かい気候。
 
新浜潜水。
 
新浜。
水温17.4度。透明度12m
昨日のうねりもとれ視界も回復しました。
船上からもエントリーしてすぐに水底がくっきり見えます。
新浜だけでなく港の中も視界がきれいなのでまた沖が気になりますね。。。
 
イソギンチャク畑の付近では、まだいてくれます。
イメージ 2
 
ツマジロオコゼ幼魚。
 
その周辺でマクロ探してると
イメージ 1
 
タツノオトシゴ
すぐ近くの海藻にからまっているのが見れました。
前回まではもう少し奥に行くと1個体いたけど。
その個体は、上に藻が付いていたのでまた別の個体な感じもしますね。
 
少し動きがあったので見てみると。
イメージ 3
 
ヤマドリ
ちょいちょい移動している個体。
安定してくれるといいのに。。。
また潜った時に探してみます。
 
イソギンチャク畑では、クマノミ、ミツボシクロスズメダイなども隠れていて。
その周辺だけでじっくりマクロ探ししてカメラやるのもいいかなと思いました。
また探してみま~す。
 
明日の予報は、引き続き晴れ、北北西の風。
 
お知らせ。
イメージ 3
 
 
 
千葉ダイビングサービス協力会主催。
海のフォトコンテストを開催します。
9つの現地サービスの海で撮影した写真をご応募しております。
 
特別審査員は、なんと。。。
さかなクン。
水中カメラマンの中村征夫さん。
 
詳しくは、現地サービスさんに聞いて下さい。
 
なめがわダイビングサービスも加入してます。
 
皆さんから見た千葉の海。
ご応募お待ちしております。

2017.12.19

本日は、晴れ、西南西の風。
 
台風のような強い風。。
沖はクローズとなりましたが新浜全然潜れちゃいます。
最近、風吹いてばっかりです。。。
 
新浜のみの潜水。
 
新浜。
水温18.6度。透明度5~8m
エントリー付近浅場はややうねり入ってました。
着底し移動すると落ち着きます。
 
ゴロタ方面では、
ホウセキキントキがまだ居ついています。
その近くではニジギンポが瓶を住処にしており。
イメージ 1
 
少し移動するとアオヤガラ群れがホンソメワケベラのクリーニング待ちしてます。
ホンソメワケベラが忙しそう。。。
 
奥に行くと
イメージ 2
 
ツマグロモウミウシが隠れている姿が。
これから増えていくといいですね。。。
その近くでは、深緑色したヒラムシが。
あまり見ない色でした。
 
イメージ 4
 
海藻類には、春先によくみられるクロヘリアメフラシが多く見れており。
例年より早く増えてます。
根沿いにいるクロヘリよりも海藻類にのってるクロヘリの方が面白い被写体になります。
 
転石近くでは、
イメージ 3
 
ソラスズメダイが固まっている姿も。
先月よりも水温が下がり気味ですが。
まだまだ見れてますよ~。
 
 
まだまだ見れてます。
イメージ 5
 
ツマジロオコゼ幼魚。
前回見たとこよりもまた移動してましたが。
まだまだ確認できております。
 
今日の写真は、ゲストさんからいただきました。
いつもありがとうございます。
 
明日の予報は、晴れ北北西の風。
 
お知らせ。
イメージ 3
 
 
 
千葉ダイビングサービス協力会主催。
海のフォトコンテストを開催します。
9つの現地サービスの海で撮影した写真をご応募しております。
 
特別審査員は、なんと。。。
さかなクン。
水中カメラマンの中村征夫さん。
 
詳しくは、現地サービスさんに聞いて下さい。
 
なめがわダイビングサービスも加入してます。
 
皆さんから見た千葉の海。
ご応募お待ちしております。

2017.12.16

本日は、晴れ、西南西の風。
 
朝から風が強く吹いております。
その影響から沖は、白波が目立ちクローズとなりました。
最近、週末になると吹くんですよね。。。
 
新浜は、穏やかに潜れます。
 
新浜。
水温18度。透明度8m。
うねり、流れとなく穏やかな海。
陸は、あんなにも風が吹いているのに。
新浜は、穏やかです。
 
水温が上がったり下がったりとある中。
群れは、スズメダイが目立ってました。
アイゴなどは水面近く。水底では、アオヤガラ群れがいたり。
 
 
ニジギンポ、コケギンポなどは水底で隠れていて。
 
イソギンチャク畑では、クマノミがイソギンチャクに隠れてます。
イメージ 1
 
甲殻類なども隠れてます。
 
 
ツマジロオコゼの幼魚は、移動していなくなったと思っていたら
また発見。
木の葉みたいで分かりずらい個体ですが。
南の生物なので見つかると嬉しいですね。
 
イメージ 3
 

キリンミノカサゴはちょいちょい移動するけど2、3個体は見れてます。

 
イメージ 2
 

根沿いでは、ウミウシが少しずつ種類が見つかって来てます。

これからの季節種類が増えてきま~す。
 
今日も写真は、いただきました。
いつもありがとうございます。
 
明日の予報は、晴れ、西北西の風。
 
お知らせ。
イメージ 3
 
 
 
千葉ダイビングサービス協力会主催。
海のフォトコンテストを開催します。
9つの現地サービスの海で撮影した写真をご応募しております。
 
特別審査員は、なんと。。。
さかなクン。
水中カメラマンの中村征夫さん。
 
詳しくは、現地サービスさんに聞いて下さい。
 
なめがわダイビングサービスも加入してます。
 
皆さんから見た千葉の海。
ご応募お待ちしております。

2017.12.15

本日は、晴れ、北北西の風。
天気は、快晴でお昼に近づくにつれて風が止んできました。
 
マグロ根潜水。
 
マグロ根。
水温18.2度。透明度15~20m。
流れは、1本目あり。
2本目になると段々と弱まってきます。
 
視界は、とってもきれいな潮。
エントリーしてすぐに水底が見えるほどとなっております。
視界も、日射しも入っているので
イメージ 1
 
青さが増してますよ~。
どんどん良い季節となってきました。
気温は、冬ですが水温の方が高いので中入ってるほうが快適です。
キンギョハナダイも群れがあちらこちらに囲まれます。
 
マクロで。。。
イメージ 2
 
雌は真オレンジでオスは、色が違うんです。
真ん中のが雄です。
 
 
棚では、小さな
イメージ 3
 
イチモンジハゼ。
よく見ると。。。頭にパラサイトが。
寄生されてます。。。
 
良い潮入ってます。この季節潜らないと損ですよ~。
 
今日の写真は、ゲストさんからいただきました。
いつもありがとうございます。
 
明日の予報は、晴れ、南西の風。
 
お知らせ。
イメージ 3
 
 
 
千葉ダイビングサービス協力会主催。
海のフォトコンテストを開催します。
9つの現地サービスの海で撮影した写真をご応募しております。
 
特別審査員は、なんと。。。
さかなクン。
水中カメラマンの中村征夫さん。
 
詳しくは、現地サービスさんに聞いて下さい。
 
なめがわダイビングサービスも加入してます。
 
皆さんから見た千葉の海。
ご応募お待ちしております。

 

2017.12.09

本日は、晴れ、北北西の風。
 
新浜、マグロ根潜水。
 
新浜。
水温17.4度。透明度12m。
うねり、流れとなく穏やかな海。
水面近くでは、メジナ、アイゴと群れている姿。
水底近くでは、チャガラ群れ、ソラスズメダイ群れ。
 
ゴロタでは、ホウセキキントキ、キリンミノカサゴ幼魚、ヒラメなどが隠れていたり。
 
イメージ 4
 
ニジギンポ、コケギンポ類は、定位置でみれてます。
 
イメージ 3
 
イソギンチャク畑では、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ幼魚、アオヤガラ群れ、こちらでもキリンミノカサゴ幼魚。
ツマジロオコゼ幼魚がこちらにいました。
 
イソギンチャクでは、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビなどなど。
 
 
マグロ根。
水温19.2度。透明度15~20m。
流れはやや。潮は、真潮。
潮あたりの場所では、イサキ、スズメダイ、タカベと群れが多く見れてます。
棚では、レンテンヤッコ、ヤセエビス、アカハタ、キンチャクダイ、イタチウオ。
タテジマキンチャクダイ幼魚。
 
大きなクエも隠れている場所も。
 
中層では、ブリが泳いでいるのも確認。
久々の大きなサイズ。
 
その近くでは、マダイが泳いでいる姿もみれて。
 
キンギョハナダイ群れは、固まってますよ~。
 
イメージ 1
 
透明度は、抜けてますよ~。
 
イメージ 2
 
ヒラマサも泳いでましたよ~。
 
明日の予報は、晴れ、西南西の風。
 
お知らせ。
イメージ 3
 
 
 
千葉ダイビングサービス協力会主催。
海のフォトコンテストを開催します。
9つの現地サービスの海で撮影した写真をご応募しております。
 
特別審査員は、なんと。。。
さかなクン。
水中カメラマンの中村征夫さん。
 
詳しくは、現地サービスさんに聞いて下さい。
 
なめがわダイビングサービスも加入してます。
 
皆さんから見た千葉の海。
ご応募お待ちしております。

2017.12.08

本日は、くもり、西北西の風。
 
マグロ根、黒岩潜水。
 
マグロ根。
水温18度。透明度10~12m。
流れは水面入ってます。
水底に行くにつれて弱まってきます。
イサキ、スズメダイ、タカベと群れは多く見れており。
棚では、
イメージ 1
 

ヘラヤガラ。

千葉では珍しい個体です。
最近、ずっと見れてま~す。
その棚では、アカハタ、マツカサウオ、イシダイ、イシガキダイなど隠れてました。
 
イメージ 2
 

キンギョハナダイ。

潮が当たってなおかつ固まりやすく撮りやすい場所があるのでこちらで。
場所で固まったりばらけたりするのがまた観察してて面白いです。
きれいに横になってくれてます。
 
他には、サザナミヤッコ幼魚などは棚に隠れてました。
 
 
黒岩。
水温18.4度。透明度10~12m。
水面うねり入ってます。流れは、そこまで入っておらず。
 
棚では、
 
イメージ 3
 
レンテンヤッコ。
細い棚に隠れてます。
きれいな色してて人気がある個体。
定位置でみれてます。
 
こちら撮りやすいですよ~。
イメージ 4
 
イシガキフグ。
 
他では、オトヒメエビ、イタチウオ、キイロイボ、コイボ、アカハタなど隠れており。
ガーベラミノウミウシはどんどん大きくなってきてます。
 
今日の写真は、ゲストさんからいただきました。
いつもありがとうございます。
 
 
明日の予報は、晴れ、北西の風。
 
お知らせ。
イメージ 3
 
 
 
千葉ダイビングサービス協力会主催。
海のフォトコンテストを開催します。
9つの現地サービスの海で撮影した写真をご応募しております。
 
特別審査員は、なんと。。。
さかなクン。
水中カメラマンの中村征夫さん。
 
詳しくは、現地サービスさんに聞いて下さい。
 
なめがわダイビングサービスも加入してます。
 
皆さんから見た千葉の海。
ご応募お待ちしております。

2017.12.06

本日は、晴れ、北の風。
 
マグロ根、黒岩潜水。
 
マグロ根。
水温16.8度。透明度10m。
流れはやや。
水面は、うねりが入り水底に近づくにつれて落ち着きます。
 
潮あたりの場所では、イサキ、スズメダイ、タカベと群れてます。
今日の群れは、ばらけてなく固まっているのが目立ちました。
水底付近では、ヒラメが擬態しており。
棚では、勝浦では珍しいヘラヤガラ。
サザナミヤッコの幼魚も見れてます。
 
その近くでは、イシガキダイ、イシダイ、カゴカキダイ、チョウチョウウオなど。
キンギョハナダイ群れも固まっていたので良いサイズのが多かったです。
 
マダイ、ドチザメなどは泳いでいる姿も。
 
 
黒岩。
水温18.6度。透明度10m。
流れなし。うねりやや。
棚では、これからの季節のネコザメを発見。
これからどんどん黒岩は増えてきますね。。。
甲殻類は、いつもながら多く見れてます。
 
棚では、レンテンヤッコが単体で隠れている姿や。
チョウチョウウオ、トゲチョウチョウウオ、ハリセンボン、ハコフグ、イタチウオ。
水底では、アカハタなどのハタ類が目立ち。
コブダイの小さいサイズなどが泳いでいる姿も。
 
オーバーハングでは、今回イサキ玉いなく。
ネンブツダイ、キンギョハナダイが群れてました。
 
イサキ、スズメダイ、メジナなどの群れは根のトップ付近で群れているのが目立ち。
水底よりでは、コウイカが擬態している姿も。
 
黒岩のイソバナなどもきれいなのでこの季節透明度も上がってくるので。
青抜きした写真撮る方が増えてきました。
 
昨日の荒れた海からどうかと思いましたが。
回復は早そうですね。。。
 
イメージ 1
 
 
明日の予報は、晴れ、北西の風。
 
お知らせ。
イメージ 3
 
 
 
千葉ダイビングサービス協力会主催。
海のフォトコンテストを開催します。
9つの現地サービスの海で撮影した写真をご応募しております。
 
特別審査員は、なんと。。。
さかなクン。
水中カメラマンの中村征夫さん。
 
詳しくは、現地サービスさんに聞いて下さい。
 
なめがわダイビングサービスも加入してます。
 
皆さんから見た千葉の海。
ご応募お待ちしております。

2017.12.3

本日は、晴れ、北北西の風。
 
新浜、マグロ根潜水。
 
新浜。
水温19.6度。透明度10~12m。
うねり、流れとなく穏やかな海。
のんびりした新浜となりました。
 
今日は、奥に移動してゆっくり戻るコースどり。
 
こちらもゆっくり移動していた
 
 
イメージ 3
 
 
 
タツノオトシゴ。
先日、見つかってまだ近くにいます。
大きなサイズで撮りやすいです。
 
その近くでは、小さなヤマドリも確認。
砂地では、コウイカが擬態していたり。
 
根のトップでは、クロヘリアメフラシが隠れていたりと。
 
 
マグロ根
水温20.4度。透明度12~15m。
前半、流れやや。後半になると流れがなく止まった状態になりました。
潮あたりの場所では、イサキ、スズメダイ、タカベなどが群れているのを確認。
 
最近、ウミガメ率が高いです。今日も発見。
小柄でかわいいサイズ。
 
イメージ 1
 
視界も良いので地形がはっきり見えます。
 
イメージ 2
 
この季節は、地形も楽しめすまよ~。
 
棚では、タテジマキンチャクダイ幼魚。
ネンブツダイ群れなど。
イボ系のウミウシも多いですね。
 
明日の予報は、晴れ、北北西の風。
 
お知らせ。
イメージ 3
 
 
 
千葉ダイビングサービス協力会主催。
海のフォトコンテストを開催します。
9つの現地サービスの海で撮影した写真をご応募しております。
 
特別審査員は、なんと。。。
さかなクン。
水中カメラマンの中村征夫さん。
 
詳しくは、現地サービスさんに聞いて下さい。
 
なめがわダイビングサービスも加入してます。
 
皆さんから見た千葉の海。
ご応募お待ちしております。

2017.12.02

本日は、晴れ、北北西の風。
 
新浜、マグロ根潜水。
 
新浜。
水温18.2度。透明度10m。
うねり、流れとなく穏やかな海。
アイゴ、スズメダイなどの魚の群れが増えてきてます。
その近くでは、ホンソメワケベラがクリーニングしており。
ハタタテダイ幼魚も岩場で隠れていて。
 
コウイカなどは、砂地で擬態しているのも確認。
ソラスズメダイは、ゴロタで群れて。
単体では、イトヒキベラの雄がきれいな色出てま~す。
 
奥に行くと赤色のコケギンポ。
真っ赤な色で派手な個体です。
 
 
マグロ根。
水温18.8度。透明度10~12m。
 
イサキ、スズメダイ、タカベなど、キンギョハナダイなどは、群れております。
棚では、大きなクエ見れ、水底近くでは、ウシエイ、ドチザメと泳いでいる姿を確認。
深場に行くとサイズの良いのが見れるからまたそれも楽しみですね、。
 
サクラダイなども数見れてますよ~。
 
マクロものでは、イボ系のウミウシ、オルトマンワラエビ、カゲロウカクレエビ、クリアクリーナシュリンプなど。
甲殻類も探すとどんどん出てくれます
 
中層では、マダイなど確認できてま~すs。
イメージ 1
 
明日の予報は、晴れ、北北西の風。
 
お知らせ。
イメージ 3
 
 
 
千葉ダイビングサービス協力会主催。
海のフォトコンテストを開催します。
9つの現地サービスの海で撮影した写真をご応募しております。
 
特別審査員は、なんと。。。
さかなクン。
水中カメラマンの中村征夫さん。
 
詳しくは、現地サービスさんに聞いて下さい。
 
なめがわダイビングサービスも加入してます。
 
皆さんから見た千葉の海。
ご応募お待ちしております。