2017.11.18

本日は、雨、南西の風。
 
新浜潜水。
 
新浜。
水温20.4度。透明度8m。
うねりなし。水面は、やや入ってました。
3日前は、怪しげな予報でしたが。
昨日の予報から荒れるのが遅くなりました。
 
海は穏やかです。
エントリーしてすぐでは、ソラスズメダイなどの群れはまだまだ元気そうです。
その近くでは、スズメダイ群れも。。。
 
ゴロタでは、新浜では珍しいキンギョハナダイが単体でいる場所も。
奥に行くとヒラメが擬態していたり。
 
イソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、カザリイソギンチャクエビなどは
イソギンチャク畑で隠れています。
 
クマノミ、ミツボシクロスズメダイなどは幼魚からすくすく成長して大きく。
例年よりもサイズが一回り大きいです。
 
今日の群れは。。。
イメージ 1
 
ムツ。
ここずっと安定して沢山見れてま~す。
 

いきなり近づくと警戒されるのでゆっくり近づいてくださいね。
 
 
明日の予報は、晴れ、北北西の風。
 
お知らせ。
イメージ 3
 
 
千葉ダイビングサービス協力会主催。
海のフォトコンテストを開催します。
9つの現地サービスの海で撮影した写真をご応募しております。
 
特別審査員は、なんと。。。
さかなクン。
水中カメラマンの中村征夫さん。
 
詳しくは、現地サービスさんに聞いて下さい。
 
なめがわダイビングサービスも加入してます。
 
皆さんから見た千葉の海。
ご応募お待ちしております。
 

2017.11.17

本日は、晴れ、北北西の風。
 
マグロ根潜水。
 
マグロ根。
水温18~20度。透明度8~12m
エントリーして中層までは、白濁でしたが。
そこから下がるとどんどん抜けてきます。
 
潮あたりの場所では、相変わらず魚が群れております。
イサキ、スズメダイ、キンギョハナダイ、タカベなどなど。
ばらつきずに固まって群れていたので圧巻。
 
深場の水底近くでは、クエ、真鯛と見れてます。
その近くでは、シラコダイが群れていたり。
チョウチョウウオ幼魚がどんどんたくましくなり成魚が群れている場所みれ。
 
棚では、ネコザメなどこの時期ならではの生き物が探すとどんどん見つかりそうです。
 
本日は、作業潜水でした。
イメージ 1
明日の予報は、雨、南南西の風。
 
お知らせ。
イメージ 3
 
 
千葉ダイビングサービス協力会主催。
海のフォトコンテストを開催します。
9つの現地サービスの海で撮影した写真をご応募しております。
 
特別審査員は、なんと。。。
さかなクン。
水中カメラマンの中村征夫さん。
 
詳しくは、現地サービスさんに聞いて下さい。
 
なめがわダイビングサービスも加入してます。
 
皆さんから見た千葉の海。
ご応募お待ちしております。

2017.11.16

本日は、晴れ、北西の風。
 
マグロ根、黒岩潜水。
 
マグロ根。
水温21度。透明度10~12m。
潮は、真潮。流れ少々。
潮あたりの場所では、魚影は入ってます。
 
 

イサキ群れ。

ずっと潮あたり目の前で群れが出迎えてくれます。
 
棚では、クエ、アカハタ、イシガキダイ、イシダイ、ルリハタ、ハリセンボン、ヤセエビスなど。
大きなネコザメも見れました~。
ネコザメは、これからの時期から数が。
キンギョハナダイ群れも数がどんどん増えてきます。
 
 
黒岩。
水温21.4度。透明度10m。
流れなし。うねり少々。
潮は、真潮から逆潮に。
台風後からカジメが少なくなったり岩が移動していたりと
それまた遺跡みたいに削れたりと地形変化が楽しめます。
 
こちらもイサキなどの魚影は濃くいますよ~。
そこからキンギョハナダイ群れや。
 
水底では、ドチザメ、コブダイなどの大きなサイズなどが泳いでいる姿も確認。
 
魚だけでなく
イメージ 1
 
くぐったりと地形も楽しめます。
これから視界も回復してくると思うので地形を写真に撮るのもまた面白いです。
 
イメージ 2
 
棚では、こちらでもネコザメ。
 
観察していたら。。。
ウツボが寄ってきたのでご対面の写真を。。。
 
明日の予報は、晴れ、北風。
 
 
お知らせ。
イメージ 3
 
 
千葉ダイビングサービス協力会主催。
海のフォトコンテストを開催します。
9つの現地サービスの海で撮影した写真をご応募しております。
 
特別審査員は、なんと。。。
さかなクン。
水中カメラマンの中村征夫さん。
 
詳しくは、現地サービスさんに聞いて下さい。
 
なめがわダイビングサービスも加入してます。
 
皆さんから見た千葉の海。
ご応募お待ちしております
 

2017.11.12

本日は、晴れ、北風。
 
昨日の荒れたのが嘘のような穏やかさ。
海が回復早いです。
天気は、快晴でお店の前は日射しが強く日向ぼっこに最適です。
 
新浜潜水。
 
新浜。
水温20.2度。透明度5~8m。
うねり、流れとなく穏やかな海となっております。
まだまだ定位置で生き物見れてます。
ヨスジフエダイ幼魚、チャイロヤッコ幼魚、キリンミノカサゴ幼魚、クマノミ幼魚など。
幼魚は、色々と見れてま~す。
 
今日は、
イメージ 5
 
トラウツボ。
小さいサイズが目立ちました。
 
ゴロタ周辺では、イソギンチャクエビ。
それと
イメージ 1
 
イソギンチャクモエビ。
 
クロアナゴ、タナバタウオ、
オシャレカクレエビ。
イメージ 2
 
オキトラギスなどと見れてます。
 
 
奥に行くと
イメージ 3
 
ナガサキニシキニナの卵は少しずつ減ってきてますが見れてます。
その近くでは、赤コケギンポが見れてま~す。
 
荒れた後に少し移動してました。
イメージ 4
 
ツマジロオコゼの幼魚。
 
イメージ 6
 

コケギンポ。

 
今日の写真は、ゲストさんからいただきました。
いつもありがとうございます。
 
明日の予報は、晴れ、北北東の風。
 
お知らせ。
イメージ 3
 
 
千葉ダイビングサービス協力会主催。
海のフォトコンテストを開催します。
9つの現地サービスの海で撮影した写真をご応募しております。
 
特別審査員は、なんと。。。
さかなクン。
水中カメラマンの中村征夫さん。
 
詳しくは、現地サービスさんに聞いて下さい。
 
なめがわダイビングサービスも加入してます。
 
皆さんから見た千葉の海。
ご応募お待ちしております

2017.11.10

本日は、晴れ、北北東の風。

 

天気は、快晴で風もあまり吹いてなくとても暖かい気候となりました。

 

新浜潜水。

 

新浜。
水温21度。透明度8~10m。
うねり、流れとなく穏やかな海。
エントリーしてすぐに日射しが強いので透き通ったきれいな潮となっています。
海藻で隠れているムツの群れは沢山います。
その近くでは、小ぶりサイズのアイゴ群れが泳いでいるのも目立ち。
そんな群れにホンソメワケベラが忙しそうにクリーニング。

 

砂地では、小さなトビヌメリが日に日に目立ってきました。
ヒラメは相変わらず擬態して狙ってます。

 

ゴロタ周辺では、ハタタテダイ幼魚がキタマクラのクリーニングしている姿も。
アオヤガラは、群れ多いですよ~。

 

明日の予報は、晴れ。南西の風。

2017.11.09

本日は、晴れ、北北西の風。
潜る時間帯は、とっても日射しが強くて陸は暑いぐらい。
 
マグロ根、新浜潜水。
 
マグロ根。
水温20.8度。透明度5m
潮は、逆潮でブイが沈むほど流れています。
なのでブイ下で。
潮当たりの場所では、イサキ、スズメダイ、タカベ、キンギョハナダイは群れています。
魚たちも流れで動きが激しく泳いでいます。
 
棚では、千葉では珍しいヘラヤガラがみれて。
その近くでは、ハタンポ、カゴカキダイ、アカハタ、イシガキダイ、イシダイ
スズメダイ群れは棚で隠れていました。
 
中層では、ヒラマサが回遊している姿も。
回遊魚は、いつみても泳いでいる姿がいいですね。
 
 
新浜。
水温21度。透明度5~8m。
うねり、流れとなく穏やか。
まったりマクロは新浜ですね。。。
 
3本目は、ブイ降りてすぐにムツが大量に群れが。
最近、浅場にたまっている姿が見れてますので見たい方はリクエストください。
 
ヨスジフエダイ幼魚はまだまだ居ついてくれており。
その近くでは、昨日発見したツマジロオコゼ幼魚がまだ同じ場所にいてくれました。
イソギンチャクモエビの良いサイズも近くにいま~す。
 
ゴロタの方に向かう途中では、イソギンチャクエビ、こちらにもモエビが隠れており。
コケギンポは、探すと相変わらず数が多くみれてます。
ゴロタで岩の隙間には、
イメージ 1
 
ホウセキキントキ。
まだ警戒心が強くてちょいちょい移動してます。
その近くにキリンミノカサゴ幼魚。
 
ハタタテダイ幼魚もいて。
それよりも少し大きくなったハタタテダイがキタマクラ達をクリーニングしている姿もみれます。
ハタタテダイ幼魚を観察していると小さすぎるサイズだとまだまだクリーニングしないんですね~。
 
少し移動すると台風の際にいなくなっていたオシャレカクレエビはまた同じ場所で姿を確認。
ペアでいたけど今日は単体です。
その近くでは、
イメージ 2
 

オキトラギス。

目が綺麗で体の黄色のラインも普通のトラギスにはない模様しています。
近づきすぎるとすぐ穴に隠れてしまうので驚かさないようにジリジリ寄って下さいね。
 
穴に隠れてしまうと言えば。
イレズミハゼは小さい棚探すとペアが良く隠れてますよ~。
今の時期のサイズがとってもかわいくて好きです。
難しい被写体なので燃える方は言ってくださいね~。
 
オキトラギス近くでは、
イメージ 3
 
コウイカ。
 
この子は、全然逃げない。。。
色彩変化が楽しめる個体となってま~す。
 
本日の写真は、ゲスト様からいただきました。
いつもありがとうございます。
 
明日の予報は、晴れ、北の風。

2017.11.08

本日は、雨~くもり、南西の風。
 
新浜潜水。
 
新浜。
水温21度。透明度8~10m。
うねり、流れとなく穏やかな新浜。
 
雨の影響からブイ下周辺は、視界ダウンとなりましたが
奥に行けばどんどん抜けてきます。
今日は、色々と回ってきました~。
 
ブイ周辺で去年も登場した。
イメージ 1
ツマジロオコゼ幼魚。
 
今年も出ました。
色は、地味だけどこちらは南方系の生き物で珍しいです。
カメラ持って行かなかったのでショップさんからいただきました。
 
その近くでは、ハナアナゴが砂地で隠れている姿もみれ。
 
ムツ群れ、カゴカキダイ群れなどは相変わらずの魚影です。
 
ゴロタ周辺では、ホウセキキントキ、キリンミノカサゴ幼魚。
ツノダシ幼魚、ハコフグ幼魚、オトヒメエビ、オキトラギスなどなど。
群れは、アイゴ、スズメダイなどがハタタテダイにクリーニングしてもらってます。
 
棚では、イレズミハゼのペアが仲良く過ごしている姿が目立ちます。
 
イソギンチャク畑では、クマノミ、キリンミノカサゴ幼魚、ミツボシクロスズメダイ、イソギンチャクエビ、カザリイソギ
ンチャクエビ、イソギンチャクモエビなどなど。
 
奥に行くとヨウジウオが海藻で隠れているのが目立ってます。
赤コケギンポは、いつも見るよりも奥ですが新たな個体も。
ナガサキニシキニナの卵もまた新たに産んでま~す。
 
 
マグロ根。
水温19度。透明度10m。
水面は、パシャついており。流れは、入ってます。
潮は、真潮。こちらも雨の影響からか若干濁りぎみ。
ですが、水底に近づくにつれてどんどん抜けてきます。
今日は、深場には行かずでしたが見てると10m以上は抜けてそうでした。
 
潮あたりの場所では、いつもよりも乱舞。
イサキ、スズメダイ、タカベと数が圧倒的です。
キンギョハナダイ群れもどこも群れており。
 
その下では、大きなヒラメが待ち構えてます。
 
棚では、ネコザメ、クエと大型。
その近くでは、アカハタ、マダイ、ハリセンボン、イシガキフグ、キンチャクダイなどと見れており。
 
ガヤには、ミレニアムマツカサウミウシが目立ってますよ~。
他では、カゲロウカクレエビ、ホシベニサンゴガニ。ウミシダヤドリエビ、ツノガニと甲殻類を確認してきました。
 
今日の写真は、ショップさんからいただきました。
ありがとうございます!!
 
明日の予報は、晴れ、北北西の風。
 
お知らせ。
イメージ 3
 
 
千葉ダイビングサービス協力会主催。
海のフォトコンテストを開催します。
9つの現地サービスの海で撮影した写真をご応募しております。
 
特別審査員は、なんと。。。
さかなクン。
水中カメラマンの中村征夫さん。
 
詳しくは、現地サービスさんに聞いて下さい。
 
なめがわダイビングサービスも加入してます。
 
皆さんから見た千葉の海。
ご応募お待ちしております。

2017.11.06

本日は、晴れ、南南西の風。

 
天気も快晴で昨日の気温が嘘のような陽気。
日射しが強くて潜り上がってからも肌寒くないですよ~。
 
新浜潜水。
 
新浜。
水温21.4度。透明度8~10m。
うねり、流れとなく穏やかな新浜。
視界が良く日に日にup傾向です。
 
まずムツが出迎えてくれます。
 
ムツ、カゴカキダイ、ヒラスズキと数が多くて群れてます。
 

ムツ群れ。

 
 
奥に行くと昨日発見した。
イメージ 1

オキトラギス。

色合いがきれいですよ~。
普通種のトラギスよりも警戒心が強く被写体で撮りたい方はまずは遠目からジリジリと。。。
 
最近、数が多いのが。。。
イメージ 2

ゴンズイ。

 
数が日に日に増しております。
今日は、ウツボが4回ほどアタックしている姿が。
アタックしている姿は初めて見ました。
 
他では、チョウチョウウオ類、ハコフグ幼魚、ヨスジフエダイ幼魚、サザナミヤッコ幼魚、クマノミ、キリンミノカサゴ幼魚などとか色鮮やかな種類が豊富です。
 
ようやき視界upしてきたのでこれからの11月の海が気になりますね。。。
 
明日の予報は、晴れ、南西の風。
 
お知らせ。
イメージ 3
 
 
千葉ダイビングサービス協力会主催。
海のフォトコンテストを開催します。
9つの現地サービスの海で撮影した写真をご応募しております。
 
特別審査員は、なんと。。。
さかなクン。
水中カメラマンの中村征夫さん。
 
詳しくは、現地サービスさんに聞いて下さい。
 
なめがわダイビングサービスも加入してます。
 
皆さんから見た千葉の海。
ご応募お待ちしております。

2017.11.04

本日は、晴れ、北西の風。
 
お昼から冷え込むと予報でしたが。
日中も暖かくとても快適に過ごせました。
 
新浜、マグロ根潜水。
 
新浜。
水温22度。透明度5~8m。
うねり、流れとなく穏やかな新浜。
ブイ降りたらすぐにムツの群れが見れてます。
他にも大きなクロダイ、
イメージ 3
 
カゴカキダイ群れと
近場で見れちゃいます。
 
砂地では、ヒラメが見れてま~す。
その近くでは、イワシの稚魚などが見れて。
捕食のタイミングを狙っているヒラメが見れてます。
 
イソギンチャク畑では、クマノミがまだまだ元気よく泳いでいる姿もみれ。
キリンミノカサゴも昨日と同じ場所でみれてます。
イメージ 4
 
サザナミヤッコ幼魚は今日は少し移動してましたが。
見やすい棚にいてくれました。
 
イソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビなどはまだまだ見れてます。
 
 
マグロ根
水温23度。透明度5~8m。
潮は、真潮。流れは、弱くのんびり潜れました。
潮あたりの場所では、イサキ、スズメダイ、タカベと群れ数は多いですよ~!
やっぱり群れはマグロ根ですね。
 
棚では、ネコザメが隠れている場所も。
これからどんどん数が増えてきます。
その近くでは、アカハタ、
イメージ 2
 
ハリセンボン、ヤセエビス、
イメージ 1
 
クエなどと見れてます。
 
キンギョハナダイも数がどんどん増えてきており。
 
群れ系は、根のトップが目立ってました。
 
ドチザメの穴には、出たのもいたりと5匹ほどと。
寝ぼけて突っ込んでくる姿も。
 
昨日発見したタテジマキンチャクダイ幼魚。
まだまだ確認できてま~す。
 
本日の写真は、ゲストさんからいただきました。
いつもありがとうございます。
 
明日の予報は、晴れ、北北西の風。
 
 
お知らせ。
イメージ 3
 
 
千葉ダイビングサービス協力会主催。
海のフォトコンテストを開催します。
9つの現地サービスの海で撮影した写真をご応募しております。
 
特別審査員は、なんと。。。
さかなクン。
水中カメラマンの中村征夫さん。
 
詳しくは、現地サービスさんに聞いて下さい。
 
なめがわダイビングサービスも加入してます。
 
皆さんから見た千葉の海。
ご応募お待ちしております。

2017.11.03

本日は、晴れ、北北西の風。
 
マグロ根潜水。
 
マグロ根。
水温20度。透明度5~8m。
1本目は、流れが入り真潮。
2本目になると流れは弱くなり潮が逆潮となりました。
 
潮あたりの場所では、イサキ、スズメダイ、タカベなどが群れています。
水底よりも中層か水面と群れは、上ぎみでした。
イメージ 1
 
棚では、クエ、アカハタ、イシガキフグ、キンチャクダイなどなど。
幼魚ものも棚で見れてますよ~。
 
視界は徐々に回復し。
これからシーズン的には視界は上昇する季節となります。
 
中層では、ヒラマサが回遊してました。
 
 
新浜。
水温21度。透明度5~8m。
うねりは、浅場で入ってました~。
深度とると落ち着いて潜水できます。
イメージ 2
 
キリンミノカサゴ幼魚が良いサイズのが見れてま~す。
 
今日の写真は、ゲストさんからいただきました。
いつもありがとうございます。
 
明日の予報は、晴れ、南西の風。
 
 
お知らせ。
イメージ 3
 
 
千葉ダイビングサービス協力会主催。
海のフォトコンテストを開催します。
9つの現地サービスの海で撮影した写真をご応募しております。
 
特別審査員は、なんと。。。
さかなクン。
水中カメラマンの中村征夫さん。
 
詳しくは、現地サービスさんに聞いて下さい。
 
なめがわダイビングサービスも加入してます。
 
皆さんから見た千葉の海。
ご応募お待ちしております。